採用情報

静岡県立科学技術高等学校の就職希望の皆さまへ

よくあるご質問Q&A

仕事内容は

主には、当社オリジナル機械の生産にかかわり、機械の組み立てをおこないます。
他にも、海外工場で作られた機械の検査や整備など、また、自社製品のメンテナンス、修理などもおこないます。
お客様のご要望にお応えする機械を提供するため、営業担当や設計担当と協力してプロジェクトに参加することもあります。

休暇は

週休2日制:日曜日・祝日・土曜日(月2〜3日休み)
年末年始休暇・夏季休暇・リフレッシュ休暇(年間5日)
有給休暇:入社6か月目より10日、最大20日の有給休暇が取得できます。

各種手当

通勤手当:上限月26,000円支給
マイカー通勤:駐車場料金負担なし
昼食手当:月3,000円支給
学資手当・出張手当・出張日当

転勤は

ありません。勤務地は静岡市駿河区北丸子です。

教育・研修は

卒業生の先輩などについて、実際に仕事をしながら(OJT)覚えていきます。
必要に応じて資格取得のため社外研修なども受講(費用は全額会社負担)します。
中型自動車免許教習、フォークリフト運転技能講習、小型移動式クレーン運転技能講習、玉掛け技能講習などを受講して資格をとります。

昼休みは

午後0時から、社内3階の食堂で皆で食事をとります。給食をとる人はその日の朝までに選びます。
キャッチボールやバスケットボールをする人、読書をする人、寝る人、コンビニに行く人、自由に時間を楽しみます。

機械加工設備は

フライス盤、旋盤、ラジアルボール盤、シャーリングマシン、ブレーキプレス、アルゴンガス溶接などが設備されています。

卒業生の声Voice

  • Y・S
    機械工学科(2011年3月卒)

    あなたはどのような高校生でしたか?どんな高校生活を送っていましたか?
    部活を一生懸命やってました。
    勉強はキライでした。
    川で遊ぶのが好きでした。

    秋山機械の第一印象はどんなでしたか?
    意外と工場に人が少ないなと思いました。

    秋山機械へ入社を決めた理由はなんでしたか?
    仕事がライン作業じゃなかったことです。

    今は秋山機械でどんな仕事をしていますか?
    秋山機械オリジナルの機械を作ったり、メンテナンスをしています。

    仕事で苦労したことはどんなことですか?
    取引先にある冷凍庫の中で機械の調整作業をした時は、寒くて大変でした。

    秋山機械で楽しいことはなんですか?
    出張でいろんな場所に行けることが楽しいと思います。

    後輩へのメッセージ

    色々考えながら物を作るのは達成感があります。リフレッシュ休暇もあるよ!

  • H・S
    制御工学科(2013年3月卒)

    あなたはどのような高校生でしたか?どんな高校生活を送っていましたか?
    入学してからは勉強や部活に特に力を入れることなく高校生活を送っていましたが、2年生の冬に「これではいけない」と思い、第二種電気工事士の資格試験受けてなんとか合格することができた、そんな高校時代でした。

    秋山機械の第一印象はどんなでしたか?
    最初、会社見学をさせてもらった時には、工場に製造部の人がいなかったため、少し不安になりましたが、その後、社長と話ができる機会があり、みんな機械の修理に出かけていることを聞いて安心しました。

    秋山機械へ入社を決めた理由はなんでしたか?
    一度就職活動に失敗してしまったので、学校の就職担当の先生に良い会社はないかと相談したら、秋山機械を紹介され、その後ホームページなどから良い会社に思えたので秋山機械に決めました。

    今は秋山機械でどんな仕事をしていますか?
    機械の組立から、部品の製造、機械の修理まで、それぞれの仕事を兼務して効率よく行っています。

    仕事で苦労したことはどんなことですか?
    秋山機械は30年以上続く会社なので、機械の種類が多く、また同じ種類の機械でも組立の時期によっては仕様が変更されているため、部品の種類がとても多くて覚えるのに苦労しました。

    秋山機械で楽しいことはなんですか?
    機械の修理や納品などで静岡県外に行くことが多いのですが、その時にその地方で有名な食べ物が食べられることが、楽しみのひとつになっています。

    後輩へのメッセージ

    秋山機械は、社員同士の仲が良く、とても楽しい雰囲気で仕事ができます。

  • Y・H
    電気工学科(2014年3月卒)

    あなたはどのような高校生でしたか?どんな高校生活を送っていましたか?
    電気の基礎を学ぶと共に、勉学や部活動に日々励んでいました。

    秋山機械の第一印象はどんなでしたか?
    賑やかな会社だと思いました。

    秋山機械へ入社を決めた理由はなんでしたか?
    家から近く、社員の方々が皆、優しそうだと思ったからです。

    今は秋山機械でどんな仕事をしていますか?
    機械の部品を製造したり、組み立てや修理をしています。

    仕事で苦労したことはどんなことですか?
    モーター等が重く、体力的に辛かったです。

    秋山機械で楽しいことはなんですか?
    修理に出ると、普段は食べないような色々な昼飯が食べられます。
    面白い先輩がたくさんいて楽しいです。

    後輩へのメッセージ

    簡単な作業から大変な作業まで色々ありますが、先輩の皆さんから丁寧に教えていただけるので、オススメです。

  • R・K
    機械工学科(2015年3月卒)

    あなたはどのような高校生でしたか?どんな高校生活を送っていましたか?
    実習科目の授業では専門知識を学ぶことができ、実際に機械にさわって物作りをする時間が多く、常に新しい事に挑戦していました。
    やるべきときは物事に集中して取り組み、休み時間と授業の切り替えをしっかりしていた高校生でした。また、授業を楽しくさせようと雰囲気作りもしていました。
    授業以外のほとんどの時間は部活ばかりで、早寝・早起きという規則正しい生活で、朝練習など毎日熱心に取り組んでいました。

    秋山機械の第一印象はどんなでしたか?
    社員ひとりひとりが元気で明るい印象でした。
    入社後も、わからない事をわかるまで丁寧に優しく教えてくださる人たちが多いです。
    仕事をする時と、休む時のONとOFFの切り替えができていて、仕事に熱心に取り組み、失敗してもみんなで支え合っていくような会社です。
    また、ひとりひとりが個性的でおもしろい人たちばかりなので、とても接しやすいです。

    秋山機械へ入社を決めた理由はなんでしたか?
    機械工学科で学んだ機械加工や製図等を活かせる場所であり、水産加工機械の製造という点で特殊なイメージのある機械を自分で組み立てをしてみたかった気持ちがありました。
    また、ホームページにある秋山ニュースが、ユーモアがあって、とても読みやすく、興味を持てる記事で、そのおもしろさに惹かれ入社を決めました。

    今は秋山機械でどんな仕事をしていますか?
    水産加工機械などの部品作りから、機械本体の組み立て、旋盤や、フライス盤、ボール盤、シャーリング加工機械を実際に使った仕事をしています。溶接等も行っています。主には機械組み立てで、学んだ事を活かせています。

    仕事で苦労したことはどんなことですか?
    機械の製造をする事で、必然的に修理が発生します。どこが悪くて、どこを直せばいいかという不確定な面が多くあるので苦労します。

    秋山機械で楽しいことはなんですか?
    仕事をしながら上司や後輩と楽しくしゃべることで気持ちがプラスになり、仕事のペースがあがったりしています。みんな仲がすごく良いので、話しやすく、接しやすく、何よりみんなで協力して仕事することが一番楽しいことです。
    飲み会等のイベントもあるので楽しい毎日を送っています。
    また、一緒に仕事をしているフィリピンの人とも面白い会話ができるので、とても楽しいです。

    後輩へのメッセージ

    会社というと固いイメージがありますが、リラックスして、元気良く秋山機械に来てほしいです。
    機械組立、製図等に興味がある人はぜひ入社してください!!

  • T・A
    ロボット工学科(2016年3月卒)

    あなたはどのような高校生でしたか?どんな高校生活を送っていましたか?
    普通教科よりも実習科目の方が好きで、実習中は先生の助手かと言わんばかりに席を立ち、歩きながら他の生徒に指導をする、一班のキリストのような存在と化していました。
    部活はロボット研究部で、3年の夏は毎日休みなく働いていました。
    この頃、3DCADにはまって、大好きなヴェロキラプトルの頭の模型を3Dプリンタで作ったりして遊んでいました。

    秋山機械の第一印象はどんなでしたか?
    もともと中小企業に就職するつもりだったので、「ちょうどいいな」と思ったのと、堅苦しい環境が苦手だったので、見学に来た時に、すごくぴったりくるような印象を感じました。

    秋山機械へ入社を決めた理由はなんでしたか?
    あまりにも直感的に感じて決めた部分が大きいと思います。
    見学に行く前は、第一志望ではなかったのですが、実際に見学に行ってみて「なんとなくピンときて」決めたというのが大きいと思います。

    今は秋山機械でどんな仕事をしていますか?
    今は製造部として、汎用機から自社設計の開発機まで、幅広く手掛けています。それから、新工場のプラント工事、機械の搬入、修理、あと毎日のゴミ捨て(笑)をしています。

    仕事で苦労したことはどんなことですか?
    汎用機の製作ではほとんどないことですが、開発機となると顧客のニーズに合わせて製作するので、場合によっては製作納期寸前、あるいは納品時にも、まるで島津の伏兵の様に仕事が飛び出してきて、それまですごく順調だったのに一気に窮地に陥ったことがありました。

    秋山機械で楽しいことはなんですか?
    私はもともと「機械を組む」というだけでも楽しいと思うタイプなのですが、他にも、工場の先輩とか営業の人とかと、仕事中にちょっとした雑談をしたり、出張の夜に酒を呑んだりすることが結構楽しかったりします。
    あと残業で夜遅くなると夜食が出ることがありますが、たまに鰻重が出たりするのはポイント高いです。

    後輩へのメッセージ

    「就職するならまずは大企業」っていう感じで、なんとなく考えている人が多いと思います。実際、先生からもそういう会社を薦められると思います。科や学校の名前に箔が付きますし、意外と、工業における大企業、中小企業の良さ、悪さというのをあまり考えられていないのかな、と感じます。
    これは持論ですが、大企業で務めるというのは、大きな会社という名の機械を動かす為の、いくらでも替えのきく1パーツになるという事だと思います。
    中小企業に務めるということは、良くも悪くも、会社にとって自分自身が大きなファクターになるという事だと思っています。
    自分としては、後者の方が楽しいだろうし、長続きすると思って、中小企業であるこの会社を選びました。

お問い合わせContact form

先輩、他にも聞いてみたいこと、などなんでもお気軽に下記フォームからお問い合わせください。

氏名
連絡先
メールアドレス
↓確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。

お問い合わせ内容
 

製品検索

加工用途・ニーズから探す五十音・アルファベット順に探す動画を見る

おしらせ

Loading
  • 製品ニュース
  • 特注・オプションのご案内
  • A16レンタルのご案内
  • 新製品のご案内
  • 採用情報